旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

知っとかないと!スマートメーターの危険性

ニュース

知っとかないと!スマートメーターの危険性
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

スマートメーターって何?

スマートメーターを活用したシステムを開発している岩永さんの説明

2016年の4月に「電力小売」が全面自由化されました。
私たち一般家庭でも、電気をどこから購入するのかを選べるようになり、歴史的な変化と言えます。
電気を売る人は、電気料金を計算するために「電気がどれだけ使われたのか」を知る必要があります。
消費者のライフスタイルに合わせた柔軟な料金メニューを提供するためには、従来の 1 ヶ月に 1 回の検針では不十分です。
更に、電力逼迫時に節電するとキャッシュバックするモデルも想定されており、日本では 30 分ごとの検針が要求されています。
この検針を人員増強でカバーするのは非現実的です。
したがって、人がメーターの設置場所まで足を運ぶことなく、遠隔から検針するための仕組みが必要になります。
この遠隔検針を実現するため、メーターに通信機能を搭載したものがスマートメーターです。

出典 http://route-b.iij.ad.jp

スマートメーターはナゼ問題視されているのか

国は、家庭などの電気メーターをすべて「スマートメーター」に置き換えていく方針です(以降一部割愛)

スマートメーターは通信機能を備えたメーターで、通信のために電波を送受信することから、既に導入されている米国では健康影響の訴えが出ています。

スマートメーターと屋外との通信、スマートメーターと屋内との通信の両方で、電磁波が発生することになります。

出典 http://dennjiha.org

その他の問題点として、頻繁(日本では30分に1回とされている)に電力使用量を計測すると、使用量の動きから留守かどうかなどの生活状況を推測でき、プライバシーの侵害に当たる点や、いくらセキュリティを強化しても、電気通信網が何らかの理由で攻撃されれば大混乱に陥る危険もあることなどがあげられています。

周波数の高低に関係なく電磁波は危険という説が有力

欧米ではすでに厳しく規制

マイクロ波は、携帯電話やスマホに使われている電波である。2011年には、WHOの外郭団体である国際がん研究機関が、発ガン性の可能性を認定した危険な電波だ。

電波は磁気や磁場を伴っているので、厳密にいえば電磁波である。その電磁波は広義の放射線だが、海外では電磁波と放射線を区別していない。どちらも危険なものとされているのだ。

従来は、周波数が高いガンマ線やエックス線の領域のものは、危険とされ、マイクロ派や低周波電磁波は安全とされてきた。ところが最近の研究で、周波数の高低とは無関係にすべての電磁波(放射線)が危険だとする説が有力になっている。
事実、欧米ではマイクロ波に対する規制が極めて厳しい。日本のように企業のやりたい放題でマイクロ波を使える状況にはない。

出典 http://www.kokusyo.jp

電磁波による被害症状の一例

米国カリフォルニア州では、2012年12月、スマートメーター設置による「電磁放射線難民」となった女性が、電力会社などを相手に1億2000万ドルを請求する訴訟を、サンフランシスコ州立裁判所に起こした。音楽家のデボラさん(当時49歳)は2011年4月、突然、キーンという高音の耳鳴りに襲われた。それは突然スイッチが入ったかのように始まった。原因は近くのマンションに設置された100個以上のワイヤレス(無線)スマートメーターではないかと疑った。

電磁放射線曝露による急性の症状として、「皮膚を針で刺すような痛み」「筋肉の収縮・コリ・痛み」「「運動失調」「脱水症」などを経験した。そしてきっちり4時間ごと(1時、5時、9時)に「心臓に痛み」を感じた。痛みは心臓発作のように始まり、「胸の痛み」「呼吸困難」「動悸」「吐き気」「めまい」「浮腫」「しびれ」と増え、「死の恐怖」を感じたという。

その後症状は悪化し、家の中では眠れなくなり、食事も喉を通らなくなった。
もう自宅にいることができなくなった。そして8月についに家を出て、2600マイル(約4200km)離れたウエストバージニア州グリーンバンク市にある、国立の「無線禁止区域」まで避難することになった。

出典 http://blogs.yahoo.co.jp

アメリカの電力会社PEPCOに対する批判の声

マイクロ波の発生間隔 公表は4~6時間に1回が実際は毎分4~6回

このニュース番組では、マイクロ波が危険かどうかは科学者が断定することとしながらも、発生回数が公表と大きく異なる点を問題視していると告げています。

また、同様にマイクロ波を発生させる携帯電話は使うかどうか個人で選べるが、スマートメーターは選べないという点も指摘しています。

電磁波過敏症の患者は日本人の3%~4.6%

1万人あたり300人から460人が症状訴え

電磁波過敏症が電波による客観的なリアクションであることを裏付ける研究結果が発表された。
早稲田大応用脳科学研究所の研究グループ(代表:北條祥子尚絅学院大名誉教授)がまとめた研究結果で、日本人の3.0~4.6%が電磁波過敏症の症状を訴えているという結論をだした。
この数字は、1万人あたり300人から460人、10万人都市であれば、3000人から4600人が電磁波過敏症になっている計算になる。

携帯電話の基地局周辺に住んでいるために、24時間、多量のマイクロ波を浴び、その結果、電磁波過敏症になったひとも少なくない。

出典 http://www.kokusyo.jp

スマートメーターの電磁波測定とアルミホイルの遮蔽効果

スマートメーターの概要動画

メリットだけたくさん並べデメリットにはまったく触れず不自然

便利さや効率の良さ、加えて企業の利益を追求するあまり、
健康や安全性に対する配慮がおざなりになるという実態。

原発問題を通して既に学んだのではなかったのでしょうか。

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

カテゴリー

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ