5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

トヨタとスズキ 業務提携の検討を発表

ニュース

トヨタとスズキ 業務提携の検討を発表
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

車業界のオールジャパン体制狙う

トヨタ自動車がスズキと業務提携に向けて動き出した。世界の自動車産業のリーダー的存在であるトヨタといえど、自動運転や環境対応などの技術は単独で普及させることは難しい。軽自動車の雄でもあるスズキと協力関係を結べば、トヨタの手による「オール・ジャパン」体制が完成する。

出典 http://www.nikkei.com

環境や安全、情報技術での業務提携を検討

具体的なことはこれから

常識的に考えれば、米GMや独VWなど数多くの提携先と浮き名を流しながら、最終的には独立独歩の気質が災いしていずれの相手とも添い遂げることがなかったスズキが、ついに嫁ぎ先を決めたのだろうと考えるのが妥当だ。スズキにはインドマーケットという莫大な“持参金”があり、かつ未来永劫独立を維持して世界のトッププレイヤーと戦っていくには体力的に不安があるので、いずれどこかと組むはずだと誰もが思っている。

 トヨタ、VW、GMという年販1000万台級のトップグループにとって、スズキの300万台は労せずに競争から抜け出せる最良の手だ。仮にトヨタがスズキを射止めれば、国内と北米マーケットをトヨタとスバル、北米と中国の富裕層マーケットをレクサス、ASEANをダイハツ、インドをスズキという布陣で望めることになり、欧州戦略以外の全てに然るべき手が打てることになる。

出典 http://news.livedoor.com

豊田:厳しいグローバル競争を生き抜き、革新技術で未来を切り開くことが求められている今、最も必要なのは「やらまいか精神」だ。今回の提携はいわば「もっといいクルマづくりに向けたやらまいかの提携」。それが自分の志だ。

――マツダとの提携の違いは何なのか。

豊田:変わらない点はもっといいクルマ作り。それぞれの会社に思想があり、得意分野がある。トヨタはBMW、マツダ、スバル(富士重工業)、ダイハツと、いろいろな形で提携してきた。今度はスズキだ。学ぶ点はまだまだ多い。

出典 http://toyokeizai.net

トヨタはエコカーや自動運転の開発などに強み

スズキは小型で安価な車に強み

両者の背景から振り返ってみよう。まずは話を持ちかけたスズキ側からだ。スズキは「良品廉価」を掲げているが、それはただのスローガンではない。2000年代に入ってから、低価格のハイコストパフォーマンスカーを作ることにかけて、スズキは明らかに一皮剥けた。ドイツ各車が複雑なメカニズムなしにクルマを作れない様子を横目で見ながら、低コストのままパフォーマンスを向上させて見せた。それはGM(オペル)との「アギーラ」の共同開発の中で磨かれたノウハウだ。

 「もっと高級なメカニズムを採用しないとパフォーマンスが出ない」と言うオペルに対し、簡素で低廉な構造のまま彼らの望むパフォーマンスを作り上げて見せた。スズキにとってはオペルの性能基準はショックだったと言うが、それを新たな基準として取り入れたことでスズキのクルマは大きく前進した。現在、良品廉価という点では世界で最も進んでいるメーカーだと言っても過言ではない。

出典 http://news.livedoor.com

鈴木会長、豊田社長の会見内容放送

会見では両首脳から提携内容の詳細は説明されず、「まだお見合いの段階」(豊田社長)だとして、環境や情報技術などでの業務提携を検討し、これから具体的に何ができるか話し合うとの方向性が示されたに過ぎないが、今後、両社の提携はトヨタがスズキを傘下に収める資本提携に発展する可能性が高い。
 
今回の提携に向けての検討は、鈴木修会長が今年9月初め、豊田社長の父の豊田章一郎名誉会長と会って、「良品廉価のための車づくりなど自動車産業の伝統的な技術を磨くだけではこれからの自動車産業では生き残れないので、トヨタさんのご協力をいただけないか」(鈴木会長)と打診したことから始まったという。

出典 http://gendai.ismedia.jp

インドはスズキがフロンティアとして開拓した市場。国の発展を思い、自動車産業の発展を牽引してきた第一人者。トヨタもかつては東南アジア各国で同じような取り組みをしてきたので、その思いや苦労には非常に共感することがある。

スズキは誰よりも早くインドに出て地に足をつけ、汗をかいて、チャレンジしてきた。「インドでスズキを活用する」というのはスズキに対して大変失礼。開拓精神を学ばせていただく。

出典 http://toyokeizai.net

トヨタとスズキの提携がまとまると、ダイハツやマツダのグループ分を併せると国内シェアが優に6割を超えるとの試算もある。トヨタはこれらグループとの連携を含めて上手くまとめることが出来るのか、その手腕を問われることになりそうだ。

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法