旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

フィンテック 銀行が必要とされなくなる日

ニュース

フィンテック 銀行が必要とされなくなる日
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

フィンテックとは

仮装通貨(暗号通貨) 多くのサービスが登場する余地あり

フィンテックとは、ファイナンス(金融)とテクノロジー(技術)を
組み合わせた造語です。
主にITを活用した金融サービスを指します。

これまで融資といえば金融機関から受けるのが主でしたが
企業から融資を受けられる仕組みがあったり、
決済時の指紋認証システムや、クレジットカードの一本化等、
米英で先行して広がっています。

日本でもフィンテックの推進を目指すメガバンクが専門の部署を設置したり、
外部の専門技術者から具体的なアイディアを募集するなど
積極的に従来の銀行にはなかったサービスを取り入れようと
活発な動きを見せています。

ここでひとつのカギとなるのは、ビッグデータです。
今までと同じやり方をしていては、これからの時代を
生き抜いていくことは出来ないという金融機関の危機感。

今後、IT企業とどのようなサービスを展開していけるかが問われています。

ひとくちにフィンテックといっても、その範囲は広い。これまで登場してきたフィンテック関連の事業やサービスを整理すると、「決済サービス系」「融資・資金調達系」「資産管理運用系」「送金サービス系」「仮想通貨系」の5種類に分類することができる。

決済サービス系のフィンテックは、あまり意識されていないが、既に社会に普及している。代表的なサービスとしてはPayPalやApple Pay、LINE Payといったサービスがある。決済についてはクレジットカードやデビットカードなど、十分なインフラが整っており、新しいサービスはこうしたインフラの上に成立している。決済系のフィンテックは既存の金融インフラとの連動性が高いので、この分野から、次々と新サービスが登場してくる可能性は低いだろう。

一方で、ビットコインなど仮想通貨と組み合わせた形のサービスは今後も多くのサービスが登場する余地がある。電通国際情報システムが主宰したコンテストでオーディエンス賞などを受賞した米Shift Payments社は、VISAデビットカードを銀行口座からもビットコインからも使えるアプリを提供している。決済サービスと仮想通貨は相互に融合しながら発展していくことになるだろう。

出典 http://www.itmedia.co.jp

暗号通貨に参入した大企業

出典 http://good-job.biz

クローズアップ現代 銀行は必要なくなる?!

フィンテックがもたらす可能性

これまで人間が担っていた仕事の数々が、
人工知能AIを利用して運用可能になります。

たとえば投資の助言など、人間の目で確認できる画面よりも
AIのシステムを利用して相場を見ていた方が
より多くの市場を正確に判断することが可能です。

企業側からみても利用する側から見ても、メリットの多いフィンテック。
今後、様々な業界で大きく拡大していくと予想されています。

その反面、人の仕事がなくなるのでは?とか
経済はどうなっていくのか等の心配も出ています。

今後フィンテックはどんどん導入される

将来現金は必要なくなるという声も

大手銀行 フィンテック専門部署設置の動き相次ぐ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

カテゴリー

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録